おまたの時間

日常に少しのユーモアと変態さを

葛藤。

おはようございます。マタです。👶🏻

 

書くのはとても久しぶりになりますね。笑

 

さて今日は少し僕の話をしたいと思います。

 

僕は今年で21ですが、高校三年生までの18年間は家庭環境に苦しみ、辛い日々を送っていました。

 

しかし、大学一年生の夏前、心身の限界の末実家を出た僕は、「自由」を少しずつ取り戻せました。

 

それまで「家庭」という小さな社会ですら自由に、そして自分らしく生きることができなかった。

 

大学生というタイミングで小さな自由を手に入れた僕は、自身の好奇心のままにいろいろなことに挑戦し、ここまで突っ走ってきました。

 

だけど、全てが解決したわけではない。

 

相変わらず以前の家庭のことを考えてしまうし、向こうから連絡が来るたび、あの頃の記憶がフラッシュバックします。

 

恋愛も、嫌な思い出も、失敗した過去も、時間が解決してくれると言いますが、

 

18年間という年月は、たった2年じゃ完全に切り離せないのだと、少し自分を慰めることができています。

 

僕は将来、「自由に自分らしく」生きていきたい。

 

そして以前の僕、今の僕が直面しているように、自由になりたくても自由になれない人たちがいたら、力になってあげたいし、力を貸して欲しいと思っています。

 

今まさに、逃げたい気持ちなんです。

 

僕はまだまだ弱いなと、痛感しました笑

 

皆さんにもし僕のような境遇、または今そういった状況の人がいれば、僕でよければ一緒に話を聞き合いたいです。

 

それでは今日はここまで。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます🙇

 

勝負することをやめる。

こんにちは!おまたの時間です😆

 

さて、勝負の世界の代表的なものといえば

 

「スポーツ」ですよね。

 

スポーツにおいては、きちんとルールが決められています。

 

何をどうしたら勝ちになるのか、競技者はきちんと理解して練習に取り組み、

本番に備えるというものです。

 

スポーツには「勝敗」がつきものです。

 

あるものは勝ち、あるものは負ける。

 

その差が果たして努力なのか、才能なのか、指導者なのか、根性なのか、運なのか…

 

過程を褒められるのは学生までと良く言われます。

 

そこから先、言い訳は一切きかない。

 

一流になればなるほど、「結果」が強く求められます。

 

スポーツは見る人の心を魅了し、時には選手にとって残酷な結果になることもあるシビアな世界だと思います。

 

だからこそ、一選手として、

 

「あいつにだけは負けたくねえ」

「絶対に一位になってやる」

「俺が一番だ」

 

そう思うことはすごく良いことですし、この過剰なまでのハングリーさを持ち合わせている人はスポーツの世界ではどんどん成長するでしょう。

 

しかし、普段の日常においてはどうでしょうか。

 

人間関係がうまくいっていない時、その相手と同じ「勝負」の土俵に立ってはいませんか?

 

「私の考えの方が正しい」

「相手を論破したい」

「なんか負けるのは嫌だ」

 

僕もかつて人間関係で悩んでいた時、無意識的にこう考えてしまっていました。

 

しかし、ここではスポーツのように明確なルールもなければ、どちらかの考えが正しいと証明する答えなんてどこにも存在しないのです。

 

たとえその場で形式的な勝ち負けが生まれてしまったとして、

スポーツのようにどちらも清々しい気持ちになれるでしょうか。

 

もちろん全てがそうだとは言いませんが、日常のあらゆる人間関係において、

個人的な負けず嫌いを持ち込むのはかえってストレスの溜まる要因となってしまいます。

 

これから先も意見がぶつかったり、人間関係がうまくいかないことなんてたくさんあると思います。

 

一番楽なのは、「勝負」から降りてしまうことです。

 

そもそも同じ土俵に立たない。

 

相手がどう出てこようとこちらからは一切仕掛けないし反応しないこと。

 

誰かと比べられるものでもないのです。

 

日々を楽しく過ごすために一番大切なことは

 

「自分のスタイルを楽しむこと」

 

だと思います。

 

人生にルールや勝ち負けは存在しない。

 

だからこそ、変な強がりでがんじがらめになる前に、

 

ユーモアと変態さ溢れる楽しい毎日を過ごしましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます✌️

 

 

変態って実は最強なのでは?

こんにちは!おまたの時間です👍

 

今回は、言いたいことがあってこの記事を書くことにしました。笑

 

変態って実は最強説。

 

僕はよく友達などから、

 

「変態だよね」

 

と言われます。泣いた。笑

 

シンプルにひどい。

 

これはもちろんエロも含まれているのでしょうが(むしろほぼエロ)、僕が思う変態な人とは、

 

常人とは全くちがった観点から異常な興味やこだわりを持てる人、だと思います。

 

例えば、何かしら出来事があったとして、

普通の人なら、その出来事に対して、通常の反応(喜怒哀楽)をするところを、変態は全く別次元の観点から「ぐふふ」と解釈をするかもしれません。笑

 

エロの方はここではやめておきます。笑

 

また別の記事で書ければ…。

 

話を戻すと、要するに、

 

何かに強い興味やこだわりを持っている人は、人とは違う視点でものが見れたり、その何かに対するスペシャリストになれると思います。

 

それ自体がもうその人の個性であり、ブランドだと思います。

 

僕の最近友達になった人の友達にこんな人がいるそうです。

 

その方はなんと「電柱」に発情してしまうとか…。

 

嘘だろと思ったのですが、どうやら本当らしいのです。

 

本当だったらもうそれは変態ですよね。

 

バカにするつもりは毛頭ないですし、いい意味ですごく個性的で面白い人なんだろうなと思います。

 

僕は世の中にはもっとたくさんの変態がいると思いますし、もっとそういう人たちと友達になりたいです。

 

 この日本という国では突き抜けるのにいくらか苦労しますが、

突き抜けてしまえば認められる社会に徐々になりつつあると思います。

 

その中で、ある種変態の方々は突き抜ける以前に全く別の場所にいるので、

ある意味最強だなと思いました。

 

僕にもきっと、何かしら変態な要素を持ち合わせてはいると思うので、徐々に見つけていけたらいいなと思います。

 

みなさんの中で、こんな変態がいるよ!

 

という方がいらっしゃいましたら是非教えてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

ワンパターンな日常を捨てる。

こんにちは!おまたの時間です👍

 

だいぶ久しぶりな記事になってしまいましたが、みなさん楽しい夏をお過ごしでしょうか。

 

学生までの僕たちなら、「夏休み」という長期休みがあって、やりたいことに全力投球できる期間だと思います。

 

しかしながら、蓋を開けてみると、意外にもみんな口を揃えてこう言います。

 

「クソ暇」

 

これですよ。爆笑

 

僕も何回も言ったことあります。

 

そりゃそんな毎日やることのある学生の方が珍しいと僕は思います。

 

しかしですね、僕は気づきました。

 

暇と言っている時間がすでに勿体無いということに。

 

なぜ僕たちは日常を暇と感じてしまうのか。

 

それは、毎日が同じことの繰り返しだからです。

 

どうすればなんでもない日常でも刺激的な毎日が送れるのでしょうか。

 

それは、「ワンパターンをやめる」ことです。

 

簡単に言えば、いつもと違う行動をとればいいのです。

 

例えばなんでもかまいません。

 

いつもはサイゼリアでミラノ風ドリアを頼んでいたけど今日は思い切って、たらこソースシシリー風を頼んでみようとか。

 

いつもはこの雑誌を読んでいるけど、今月はこっちも面白そうだから、買ってみるか。

 

と言った具合に。

 

日常の中で同じように繰り返している何かは絶対に存在しているはずです。

 

なんでもない日々を楽しめる人はほんの些細な選択を、いつもとは違ったものにすることでその変化や気づきを楽しんでいるのです。

 

僕はある人から、

ポジティブでいることの極意を教わったことがあるのですが、

その人はこう言っていました。

 

本当のポジティブは、問題に直面したときにポジティブを発揮するのではなく、常時明るく、何事も楽しんで取り組めることだ、と。

 

僕はこの言葉が正解かはわかりませんが、1つ言えることは、

 

楽しめて夢中になれるやつには誰も勝てない、ということです。

 

みなさんもぜひ、味気ない日々に一工夫を加えて、飽きのこない刺激的な毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。😆

根拠のない自信を持とう。

こんにちは!おまたの時間です😆

 

今日は未だ何者にもなってない若干20の僕が

最近思っていることをつらつらと書いていきます。

 

僕は、特技がなんだと言われても何もありません。

バスケを11年間やっていますが、

高校ではベンチにも入ることができませんでした。

 

理由は簡単で、努力が足りなかった、ただそれだけ。

 

他に何かのスペシャリストな訳ではありません。

 

そしてそんな僕に、あと一年足らずで就職活動が待っています。

 

大抵僕のような突出したスキルがない人間はある程度の会社に入ることができたとしても、営業や雑務からスタートだなと、前までは勝手に諦めていました

 

だから社会人に対してのイメージがいつも悪かったのだと今では思います。

 

しかし、僕はあることがきっかけで広い世界を早くに見ることができた。

 

こんなにも仕事があって、こんなにもいろんな価値観を持った人間がいると

 

その経験や出会いが僕を変えました。

 

そこから、色々なことに興味を持ち、実際に飛び込んできました。

 

まだまだですが笑

 

それでも、依然としてスキルはありません。

 

僕はそんないろんな体験をしながらふとこう考え始めました。

 

スキルがなくてもいろいろ経験できるものだな、ましてやただの20歳、スキルがなくても仕方がないよなって。

 

開き直ってきたのです。

 

別にまだ、何かに突出していなくてもいいし、やりたくもないことでスキルを磨いても時間がもったいない。どうせなら楽しめるものでスキルは磨きたい。

 

とにかくやりたいことをやっていこうと思いました。

 

確かに、スキルや実績に裏打ちされた自信は嘘偽りのない自分の努力の証ですから、正真正銘その人の力になると思います。

 

だけど、そうじゃない人たちはどうすればいいのか。

 

自分には何も誇れるものがない。打ち込んできたものもない。

過去に実績も栄光もない。

自分には何ができるんだろうか…

 

すごく悩んだことを覚えています。

 

しかし大丈夫です。

 

今日お伝えしたいのは、根拠のない自信を持つこと。

 

簡単にいうと、

 

なんとなく、僕にはできそうだな。

それなら私でもできるかもしれない。

 

僕は何かにチャレンジするとき、知り合いにはこう言っています。

 

自分なら絶対できる。

 

もちろん根拠なんてないので、みんなは何を言ってんだろうって思っているかもしれない。

 

だけど、根拠がなければやりたいことをやりたいって言えないのなら

それは本当はそこまでやりたくないのかもしれない。

 

これは自分をできるやつだ!と過信するのとはまた違います。

 

そんな拗らせためんどくさいプライドではなく、

自分の持っている可能性に肯定的になるだけです。

 

逆に過去の実績や栄光に裏打ちされた自信のある人は、何かに失敗したり批判をされるとあまり良い気持ちにはならないと思います。

 

根拠はない。

だから、もし失敗したって全然落ち込まない。

できないと思っていたことにチャレンジできた。これは価値あること。

チャレンジできたから、失敗成功は二の次。

 

何かにチャレンジしたいけど一歩が重い。

自分に何ができるのかわからない。

 

そんな状態こそ、その一歩を軽くしてくれます。

 

どんな有名アスリートも最初は初心者なんです。

 

まずはやってみましょう。

 

そのチャレンジに今日の記事が少しでも背中を押せたらいいなと思います。

 

僕らはなんでもできる。

 

W杯から見るナショナリズム。

こんにちは!おまたの時間です😆

 

とうとう都内でも青梅で40度が観測されました。命に関わる気温です。皆さん注意してくださいね。

 

さて、皆さんは日本の活躍でも

大盛り上がりを見せたロシアW杯

見ましたか??

 

僕も本当に興奮しました!笑

 

日本の8強入りが夢ではなくなった今回のW杯。

 

そこで優勝を飾ったのは

 

フランス代表です。

 

その圧倒的な強さで今大会脅威の粘り強さを見せたクロアチアを決勝で破り、優勝したのがフランスです。

 

そんな強さを証明したフランス代表ですが、なんと

 

代表選手23人中19人が、移民または移民の子供だそうです。

 

スタメンの写真を見ても大半が黒人選手であることがわかります。

 

サッカー界の超新星、19歳FWムバッペ選手も、父はカメルーン系だといいます。

 

そして、今回のW杯は

波乱の多い大会でもありました。

 

なんと前回大会覇者のドイツが

グループリーグで韓国に完敗し

そのまま敗退となりました。

 

そのドイツ代表の10番である

メスト・エジル選手

ドイツ代表GL敗退の戦犯として

国民からもバッシングを受けているそうです。

 

エジル選手自身は

トルコ系移民3世です。

 

そして、今日のニュースで

エジル選手はドイツ代表を引退することを表明しました。

 

なぜなのか。

 

エジル選手はこんなことを言っていました。

 

ドイツサッカー連盟のラインハルト・グリンデル会長に対し、

 

「彼らの目には、私たち(ドイツ)が勝てば私はドイツ人に、負ければ私は移民に移る。」

 

その上で

 

「私はまだ社会に受け入れられていない。私は異物として扱われている。」

 

とコメントしたそうです。

 

エジル選手はドイツの学校に寄付をしたり、前回W杯でのドイツ優勝に大きく貢献した1人であるにも関わらず、こうした移民に対する人種差別的な姿勢もまだ残っているのです。

 

だからエジル選手はドイツを去ってしまったのです。

 

本当に酷い話だと思いました。

 

今回のロシア大会では上記のような問題も浮き彫りになっています。

 

少し話は変わりますが、私は現在大学で

国際政治を専攻として

世界情勢を学んでいます。

 

その中で、ナショナリズムについて

議論することがしばしばあるのですが

結論から言いますと

 

長期的な将来として

W杯は国別対抗戦としての制度を残しているのか、ということを今回考えてみました。

 

どういうことかと言いますと

 

日本のプロ野球のようなものが世界的な大会でも当たり前になるのではないか、ということです。

 

クラブW杯もそういった意味では近いかもしれません。

 

例えば地域別W杯みたいな。笑

 

そして

先ほどのフランス代表の多民族チームの話やエジル選手の話でもわかるように

 

今世界の先進国で問題となっている

移民の受け入れ問題

というのがありますよね。

 

もちろん僕たち日本も

少子高齢化グローバル化などに伴って

移民を受け入れざるを得ない状況になっていますが

 

そういった意味でのグローバル化が進む中で

私たちは果たして何を持って日本人なのでしょうか。

 

日本で生まれたから?

両親が日本人だから?

日本語が話せるから?

 

どうでしょうか。

 

もちろん国籍は日本でしょうし

日本は島国なのであまり実感がないかもしれません。

 

しかしこれを世界で考えてみてください。

 

例えばアフリカ系の民族がヨーロッパへ移住し、その国で子供を産む。そこで生まれた子供は何を持って自分の国を決めるのでしょうか。

 

国境のある国では混血はもはや当たり前のような気がしますが、同時に国家への帰属意識に対する問題も膨らんでいる気がします。

 

今では帰化という方法で国籍を変えることも可能となっています。

 

もちろん帰化にも条件はありますが

 

自分の生まれた国ではなくても、国民になりたいと思えばなることは可能なのです。

 

最近ではバスケットボール日本代表にも、帰化した外国人選手がちらほら出てきましたよね。

 

こうした現在の人種的な側面からも

今後のオリンピックやあらゆるスポーツ大会がもはや

 

国民国家VS国民国家であるのかどうか。

 

これからラグビーW杯や2020年の東京オリンピックも控えています。

 

これらもこういった観点から注目して見るのも面白いかもしれません。

 

僕は専門家でも何でもないので

まだまだ勉強不足だとは思いますが

気になったので書いてみました。

 

今回は少し長くなりましたが

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。🙇

 

人は自らでしか変われない。

こんばんわ!おまたの時間です🔥

 

今日も死ぬほど暑いので

皆さん水分補給をしっかりとしましょう。

 

早速ですが

皆さん、こんな経験はないですか?

 

「著名人の講演会ですごく刺激を受けた」

「尊敬する大人からアドバイスをもらった」

「あの本を読んで考え方が変わった」

 

などなど。

 

人、本、映画、音楽...

 

人は何かに影響されて、

それがきっかけとなって成功したり、

何かしら人生が変わるような体験をする。

 

アスリートやアーティストなど、

世界で活躍されている方々にも何かしら成功のきっかけがあったのかと思います。

 

その要因は百人百様あると思います。

 

しかし、きっかけというのはあくまでも良い影響を受けているだけにすぎないのです。

 

そのきっかけや良い影響を、

自分なりにどう受け取って、

どううまく使っていくか。

 

逆にいい影響を与えてもらったのに、

話を聞いて満足してしまって、

それから何も変化がないのであればそれも自分が決めたことなんです。

 

僕も本当にまだまだなのですが、

自分を理解する、ということについて今日のテーマはすごく重要だと思います。

 

自分が感動したり、納得したり、共感したり、怒ったりするのは、何が原因なんだろうか。

 

相手の言葉?

感情?

声?

ストーリー?

夢?

生き様?

 

受け取る人それぞれです。

 

あなたはどう受けとり、そして

その後、自らの行動をどう決定しているのか。

 

今一度、自分自身と向き合ってみましょう。

 

まとめると、

 

あなたが、良くも悪くもより強く影響を受ける何かを見つけましょう。

 

そうすれば今自身がなにをすべきかなのか分かりますし

 

自分が影響を受けてきたものにはこんな共通点があったのか、と

 

発見にも繋がるはずです。

 

そして

 

自分をよく知らない人は、変わろうとすることも難しいと思います。

 

人は自らでしか変われない。

 

だからこそ

 

もっと自分を理解することが大切

 

だと、思います。

 

では今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます🙇